よくいただく質問

お客様より多くいただく質問をまとめました

全く光のない暗闇に防犯カメラは設置できますか?
全く光が無いところでは一般的なデイナイトカメラでは撮影は無理ですが、赤外線内臓カメラでしたら、全く光がない暗闇(0ルックス)の状態でもはっきり撮影できます。
デイナイトカメラは、あくまで少ない光を拾って映像を捉えますので、0ルクスでは映像は捕らません
赤外線カメラは、赤外線を必要としない昼間はカラーで赤外線発光しだしますと白黒ではっきり写したいものを捕らえます。
録画時間はどれくらいできますか?
デジタルビデオレコーダー(DVR)の容量にもよりますが、500GBのDVRで標準画像で、 1秒間3コマに設定すれば2500時間、約100日以上の録画が可能です。一般的には画像の質をよくし1ヶ月程度の録画設定にするのが望ましいと思います。
防犯カメラの映像をIT環境を通じてパソコンから見たり、遠隔操作は可能ですか?
カメラにつないだデジタルビデオレコーダーにモデム・ルーターを接続すれば、離れた場所でパソコンからカメラの映像を見ることが出来ます。
また、取り付けるカメラをスピードドームカメラにすれば、パン(横の動き)、チルド(縦の動き)、ズームなどを遠隔操作できます。
最近ではスマートフォンから、現場の映像を確認する方も増えてます。
フリッカレース機能とは何ですか?
日本国内は100V周波数が静岡県の富士川を境に西側は60Hz、東側は50Hzにわかれています。
NTSC方式のCCDカメラは60Hzに設定されているため、関東圏など50Hzエリアで使用する場合、蛍光灯のある場所では画面にチラつきが生じます。
60Hzエリアでの使用は問題ありませんが、50Hzエリアでの使用の場合はこのフリッツカレース機能の付いたカメラを使用する必要があります。
※NTSC方式 = テレビジョン方式の1つ
防犯カメラと気づかれないカメラはありますか?
普通のドーム型カメラを使用すれば、あまり防犯カメラと気づかれませんが、より防犯カメラと気づかれないためには煙感知型防犯カメラをオススメします。
煙感知器型防犯カメラは煙感知器をアピールし、防犯カメラとは気付かれません。

関連事項

  • 24時間対応見積無料
  • 設備工事も承ります
  • 防犯を見る
  • 防犯を知る
  • お得な基本プラン
  • 導入の流れ
  • 設置が決まってからの流れ
  • リースのご利用
  • スマートフォンで遠隔監視
  • すぐ確認!あなたの防犯力は?
  • ブログページ
  • メディア掲載事例

ページの先頭へ