設置が決まってからの流れ

設置が決まってからの流れ

防犯カメラの設置工事は、機器の種類や設置する環境で変わりますが、どのような場所でも基本的に以下のような作業を行なっていきます。

配線処理

防犯・監視したい場所から映像・電源ケーブルをレコーダーやモニターまでカメラの設置台数に合わせて配線します。
カメラを長く使って頂くには、風雨にさらされる環境、他の配線との干渉も考慮し作業を行います。

カメラの設置

防犯・監視カメラを壁や天井に防犯効果の高い設置します。
壁や天井の設置では、内装や美観を考慮し作業していきます。
また、外周監視では必要に応じポールを立てカメラを設置します。

カメラ設置後の設定・調整

設置した防犯・監視カメラの機器設定を行います。
この設定では画角や撮影範囲などをお客様立ち会いのもと作業していきます。

レコーダー・モニターの設置

カメラからの映像を正しく録画・表示していく為の設定をします。

防犯・監視カメラシステム全体の設定と確認

ごく稀に起こる機器の初期不良や機器エラー動作などがないか確認していきます。操作方法の確認はしますが、オーナー様が確認できるような教育とマニュアルをお渡しし設置後も安心して運用できるようにしていきます。

関連事項

  • 24時間対応見積無料
  • 設備工事も承ります
  • 防犯を見る
  • 防犯を知る
  • お得な基本プラン
  • 導入の流れ
  • 設置が決まってからの流れ
  • リースのご利用
  • スマートフォンで遠隔監視
  • すぐ確認!あなたの防犯力は?
  • ブログページ
  • メディア掲載事例

ページの先頭へ