防犯を見る

窃盗犯に侵入させないための対処方法

お隣さんが家を立て替えた、隣にビルができたなど、環境の変化に併せて侵入窃盗の防犯対策を再チェックが必要です。
また、防犯機器の多くは様々な犯罪に特化した商品になっています。
隙のある設置方法では効果も半減してしまいます。

侵入窃盗認知件数の推移

警察庁「住まいる防犯110番より」

平成15年をピークに犯罪件数の減少が見られますが、一日当たり約200件もの住宅に対する侵入窃盗が発生しており、未だ多くの住宅が被害に遭っているのが現状です。
日を追うごとに巧妙になっていく犯行手口に対抗するためにはしっかりと目的に合わせて防犯対策をする必要があります。

今や防犯も自己責任の時代

家族と財産を守り安心な生活を送るには何をすればいいのでしょうか。
泥棒があなたの住宅を狙う場合、この家は侵入し易いか、音を立てても聞こえないかなど、犯人はあなたの家を下見しているのです。
その際、犯人達に防犯対策がしっかりとできている家であると感じられる事が重要なのです。

あなたが自分の家の周りを確認してみて見て下さい

  • ・人目に付きにくい窓がある
  • ・道路が近くにあるので物音に気づきにくい
  • ・周辺に逃げこむ場所がある
  • ・家を留守することが多い

など、このような場合には十分注意が必要です。

下見の段階で諦めさせるには可能な範囲で周辺の見通しを良くする

  • ・建物に通じる通路に見通せない物を置かない
  • ・侵入口となり易い場所では、植え込みを低くする

犯行の多い窓からの侵入を難しくする

  • ・小窓でも面格子を設置する。
  • ・門扉を高くし、鍵付きの物にする

防犯動機を抑止する

  • ・防犯カメラを設置する
  • ・ドアの鍵をツーロックにする
  • ・センサーライト等を設置する

個人情報は処理に注意をする

  • ・表札やポストには家族構成を記載しないようにする
  • ・ごみ捨て時にははがき等の個人情報に扱いに注意する
  • ・外出している時間をさとられないようにする

犯人達を知る

侵入窃盗の手口

  • 1位 窓ガラスからの侵入
  • 2位 無戸締り     
  • 3位 玄関などドアを破っての侵入

泥棒が住居侵入を諦めるまでの時間

  • 1位 2分以内
  • 2位 2~5分以内    
  • 3位 5~10分以内

泥棒の約7割りが侵入に5分以上かかると諦める可能性が高くなります。
最低でも5分以上耐えられる防犯対策を施しましょう。

住居侵入が多い時間帯

  • 1位 14~16時
  • 2位 12~14時
  • 3位 10~12時

昼間の犯行が非常に多いのが分かります。
僅かな時間でも侵入されるケースが多く、 まったく油断ができません。
24時間しっかりと監視できることが泥棒の犯行を未然に防ぐ重要な要素となります。

犯人に多い服装

  • 1.ネクタイ・スーツ
  • 2.作業服
  • 3.普段着

泥棒は怪しまれないようセールスマンや作業員を装ったりします。
簡単に玄関を開けてはいけません。
来訪者には玄関ドアにチェーンロックをかけて応対するようにしましょう。
また在宅中に鍵を壊し、侵入してくることも考えられますので、安全のためにチェーンロックは外さないことをおすすめします。

泥棒が嫌いなもの

1.泥棒は侵入に時間がかかるのをとても嫌います。

戸締りは基本中の基本ですが、侵入対策としてワンドアツーロック、防犯フィルム、防犯ガラス、補助錠、鍵の閉め忘れ対策には電気錠などが効果的があります。

2.泥棒は見られるのが大嫌い。

ご近所の目や日常の挨拶、防犯カメラ、テレビドアホンなど効果があります。

3.泥棒は音を立てるのも立てられるのも嫌います。

当然、周囲に感ずかれないようにしたいものです。敷地内に防犯砂利を敷いたりセンサーやベルを付け防犯対策しましょう。

4.泥棒は目立つのが嫌い。

夜間は建物の周辺や道路を明るくし、玄関や窓の周辺にはセンサーライトををつけて威嚇しましょう。

関連事項

  • 24時間対応見積無料
  • 設備工事も承ります
  • 防犯を見る
  • 防犯を知る
  • お得な基本プラン
  • 導入の流れ
  • 設置が決まってからの流れ
  • リースのご利用
  • スマートフォンで遠隔監視
  • すぐ確認!あなたの防犯力は?
  • ブログページ
  • メディア掲載事例

ページの先頭へ